女性のための法律相談

女性が抱える問題を、
女性弁護士に相談できます

 離婚、男女問題、セクハラ、DV等、女性が抱える問題のなかには、男性弁護士には相談がしづらい内容もあります。 第一東京弁護士会渋谷法律相談センターでは、女性弁護士に相談することができます(相談者は女性に限ります)。

女性のための法律相談事例

事例1

 会社の直属の上司から、飲み会のときに体に触られたり、ホテルにむりやり連れ込まれそうになったりなど、セクハラをされました。その後、拒否したことで上司から仕事の際にいやがらせをされています。このままで仕事を続けられないし、悔しいので何とかしたいのです。どのようなことができますか。

 民事上の請求としては、加害者である上司に対し、慰謝料等について損害賠償請求することができます。この場合、賠償金の金額は個々の事案により異なります。また、セクハラ行為が強制わいせつ罪などの犯罪行為に当たる場合には加害者の刑事責任を問うことが考えられます。さらに、勤めている会社に対し、加害者である上司への指導や再発防止策を講じるよう要求することも考えられます。

事例2

 同棲している彼から仕事の帰りが遅いなどと言われて、何度も暴力を振るわれていました。今まで殴られるのは自分が悪いからだと思っていましたが、何気なく友人に話したところ、急いで家を出るように言われ、はじめて我に返りました。今では男性と話すのも怖くなりました。これからどうすれば良いでしょうか。

 いわゆるDV被害を受けていますので、事情によっては、早急に警察へ連絡相談し、シェルターへの移転、保護命令の申立等により、身体の安全の確保する必要があります。また相手に対して、刑事告訴や損害賠償請求することも可能です。
 第一東京弁護士会渋谷法律相談センターでは女性弁護士による法律相談を受けられますので、安心して相談し、適切なアドバイスを受けられます。

相談窓口

お電話でのご予約はこちら

渋谷法律相談センター 女性のための法律相談

詳細を見る
予約受付電話 /
受付日時
03-5428-5587
月~金:9:00~17:00
※祝祭日を除きます。 ※事前電話予約制です。
相談時間
毎月第1・第3火:10:00~12:00
相談料金
30分:5,000円(消費税別) 延長15分につき、2,500円(消費税別)

インターネットでのご予約詳細を見る

menu