住宅ADR

住宅に関する問題でお困りの方はご相談ください

photo_01.jpg 第一東京弁護士会では、建設住宅性能評価書が交付された住宅に関して生じた、請負人・売主と発注者・買主との間の紛争を解決いたします。また、住宅瑕疵担保責任保険の付された新築住宅に関して生じた、請負人・売主と発注者・買主との間の紛争も解決いたします。
 これらは、住宅品質確保促進法または住宅瑕疵担保履行法にもとづく指定住宅紛争処理機関としての業務で、1万円の申請料で、弁護士や建築士などの専門家によるあっせん・調停・仲裁を受けることができ、手続内では必要に応じて現地調査も行われ、簡易・迅速な解決が図られています。
 建設住宅性能評価書が交付された住宅や住宅瑕疵担保責任保険の付された住宅には、次のような、標章が付されておりますので、ご確認下さい。

illust_01.gif

住宅ADRの特徴

  • 紛争の解決は、弁護士や建築士など専門家のあっせん・調停・仲裁によって行われます。
  • 必要に応じて現地調査も行います。
  • 簡易・迅速な解決を目指します。

※1 紛争処理の申請には、申請料1万円がかかります。
※2 住宅紛争審査会への申請は時効中断としての効果はありませんのでご注意ください。

例えば、つぎのような紛争事例を取り扱います。

雨漏りの補修を頼んだけれど・・・

 新築した住宅に雨漏りがしたので、補修の請求をしたが、補修の方法や工事金額について話し合いがまとまらない。

建物に不具合があった・・・

 基礎に亀裂が見つかった、大型車が通ると家全体が振動する、床が傾斜しているように見える、天井にたわみがある、フローリングの床が鳴る、家の土台が腐食した、など建物の不具合があったとき。

建築代金を支払ってくれない・・・

 住宅の注文主や買主からの申請だけでなく、施工業者や売り主からの申請も受け付けます。

つぎのような事例についてはお取り扱いしません

  • 住宅以外の建物に関する紛争
  • 住宅性能表示制度によらない住宅または保険付き住宅以外に関する紛争
  • 新築住宅又は既存(中古)住宅についての建設住宅性能評価書のない住宅また保険付き住宅以外に関する紛争
  • 住宅の取得者(または供給者)と近隣住民との間の紛争
  • 評価住宅の賃貸人と賃借人との間の紛争  など

上記のような場合は、ADR(仲裁)へご相談ください。

ご相談や苦情について

 住宅ADRで取り扱う紛争かどうか等のご相談や、苦情については下記のいずれかへご連絡ください。

住宅専門家相談

 当会では、財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターと連携して住宅専門家相談を実施しております。

住まいるダイヤル

 財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターのサービスです。
(Tel. 0570-016-100、PHSや一部のIP電話からはTel. 03-3556-5147)をご利用ください。 受付時間:月曜~金曜 午前10:00~午後17:00(祝祭日・年末年始は除く)

問い合わせ先

電話:03-3595-8587 FAX:03-3595-8577

※お電話の受付時間は、10:00~17:00となります。

menu