• HOME
  • コラム
  • 第十三回渋谷法律相談センターコラム「担当弁護士の取扱分野について」
電話での受付

03-5428-5587
月~金 9:00~17:00
※祝祭日を除きます。


メールでの受付

フォームから
お問い合わせ頂けます。

予約受付フォームへ

第十三回渋谷法律相談センターコラム「担当弁護士の取扱分野について」

第十一回コラムにおいて、当ホームページ上に「担当弁護士プロフィール」の掲載を開始したことをご案内しました。

「担当弁護士プロフィール」では、日付をクリックすると、その日の法律相談を担当する弁護士の「氏名、性別、所属事務所名・住所、主な取扱分野」の情報が表示されるようになっています。

ご相談者は、相談内容に関する豊富な知識と経験を有する弁護士から、適切なアドバイスを受け、事件解決の道筋等を示してもらうことを期待されており、相談予約をする際には、相談担当弁護士の「主な取扱分野」に大きな関心が向けられていると思われます。

そこで、担当弁護士カレンダーにおける担当弁護士の取扱分野の記載について、少し説明をさせて頂きます。

担当弁護士の取扱分野の記載は、当ホームページのスペース等の制約から、「()()」5分野に限定して記載されています。

したがって、もし担当弁護士の取扱分野に、相談したい内容の分野が記載されていないとしても、一切取り扱いがないという訳ではありません。医療過誤紛争等の極めて専門的な相談でなければ、担当弁護士の取扱分野に記載されていないご相談についても対応可能な場合が多く、相談担当弁護士は、ご相談者のニーズを十分に理解した回答を心がけています。

相談担当弁護士の取扱分野の記載は、相談予約される際には重要な情報の1つとなりますが、実際に依頼する場合には、担当弁護士が、相談事項について真摯に対応し、信頼できると思えるかどうかが重要であると思います。

渋谷法律相談センターでは、取扱分野に記載されていないご相談についても、ご相談者の方から信頼して頂ける対応を心がけておりますので、お困り事がありましたら、是非、当センターに足を運び、相談を受けてみて下さい。

なお、前2回のコラムでは、ラーメン屋さんの紹介があり、コラムを読んで頂いた方の中には、続編を期待された方も居られるかもしれません。筆者もラーメンは嫌いではないのですが、油があまり体に合わないようなので、続編は別の回に譲りたいと思います。