その他新規の入会申込手続きについて

入会申込手続きについて

 新規に弁護士登録を希望される方のうち、主として裁判官、検察官の経験のある方、法5条による登録を希望する方に、手続の説明をいたします。

一弁はあなたの入会を待っています

 第一東京弁護士会は、一般に「一弁」(いちべん)と言われています。弁護士登録を希望されている皆さんへ、一弁の紹介をします。一弁はこれまで歴史と伝統を誇る会と言われてきましたが、近時は新入会員の増加によって新たな潮流が生まれつつあります。

一弁の歴史・伝統

 一弁は、大正12年(1923年)に枢密院議長をつとめた原嘉道、司法大臣をつとめた岩田宙造らによって設立されました。また、日弁連の初代会長は一弁の出身ですし、平成26・27年度の村越進元日弁連会長も当会の出身です。一弁は長い歴史の中で多彩な人材を数多く輩出しています。

出会い・研修・サポート

 会務活動を通じた先輩・同期との出会いが、その後の弁護士人生に大きな影響を与えます。一弁では新入会員の出会いの場としての班制度、弁護士としてのスムーズなスタートがきれるようサポートする研修制度など充実した若手対策が講じられています。

一弁はあなたの入会をお待ちしています

 一定の経験を経て新たに弁護士登録される方に対する第一東京弁護士会の紹介冊子「ようこそ、一弁へ!」を作成いたしましたので、こちらもぜひご一読ください。
「ようこそ一弁へ!」

入会申込手続きについて

 当会への入会申し込み手続の概要は次のとおりです。詳細については事務局にお問い合わせください。

入会申込(登録申請)関係提出書類について

(1)各種入会必要書類

入会申込書等の書類です。当会より事前送付いたします。
原則として、紹介者の署名が必要です。

(2)戸籍謄本、戸籍抄本、又は氏名・本籍及び生年月日の記載を証明する戸籍事項証明書のうちいずれか(3ヶ月以内に交付されたもの)2通

本籍地役場よりお取り寄せ下さい。(コピー不可)

(3)弁護士となる資格を証明する書面 各2通

①司法修習終了証書又は終了証明書
(修了証書は事務局にて写しを作成いたしますので、原本をご持参願います。終了証明書は最高裁で発行)
※高等試験司法科試験合格者は合格証明書(法務省にて発行)
②判事・検事退官者は、①の他に在職証明書(最高裁・法務省にて発行)
③公証人退職者は、①の他に公証人在職証明書+公証人以前の在職証明書
④法第5条資格認定者は、①の代替として法務大臣からの認定通知書(原本)
(認定通知書は事務局にて写しを作成いたしますので、原本をご持参願います。)

(4)身分証明書(3ヶ月以内に交付されたもの)2通

(2)と同時に本籍地役場よりお取り寄せ下さい。(コピー不可)
(弁護士法第7条第5号に該当しない旨の証明書・破産者、及び禁治産者・準禁治産者でないことの証明です。)

(5)成年後見登記等ファイルに登記されていないことの証明書(3ヶ月以内に交付されたもの)2通

登記されていないことの証明書申請書をご利用いただき、東京法務局民事行政部後見登録課よりお取り寄せ下さい。(コピー不可)
(弁護士法第7条第4号に該当しない旨の証明書・成年被後見人又は被保佐人でないことの証明です。) 本籍欄を必ず記載の上、申請して下さい。(丁目・番地等戸籍の記載どおり正確に記入すること。)

(6)写真 3葉(縦4㎝×横3㎝)

 カラーでも白黒でも構いませんが、3ヶ月以内に撮影された写真をご提出下さい。(裏に氏名をご記入願います。)

入会申込に必要な費用について

入会申込書をご提出の際にご持参下さい。

入会金 30,000円
日弁連登録料 30,000円(ただし、当年度修習終了者は10,000円)
登録税(収入印紙) 60,000円
menu