• HOME
  • お知らせ
  • 第19回憲法記念行事「ネットによる人権侵害~インターネットにおける表現の自由を考える~」のお知らせ
  • 2010.03.26
  • お知らせ

第19回憲法記念行事「ネットによる人権侵害~インターネットにおける表現の自由を考える~」のお知らせ

 名前や顔写真、さらには居所の実況中継までインターネットに・・・
   「誰も守ってくれない」?
 インターネットによる人権侵害に、法律はどう対処するのでしょうか。
 「表現の自由」との関係は、憲法上どう考えるべきでしょうか。
 モントリオール世界映画祭最優秀脚本賞に輝いた映画を見て、パネリストの方々とインターネットにおける人権侵害と表現の自由を考えるシンポジウムです。
  チラシのダウンロードはこちらPDF(1.2MB)

日 時
 2010年(平成22年)5月8日(土) 12時30分開場 午後1時開演(午後5時終了予定)
場 所
 弁護士会館 2階 クレオ (東京メトロ 丸の内線「霞ヶ関駅」B1-b出口より直通) 地図
第1部 映画「誰も守ってくれない」上映
第2部 パネルディスカッション 
  <パネリスト>
    紙谷雅子氏(学習院大学法学部長)
    大村真一氏(総務省総合通信基盤局電気通信事業部消費者行政課企画官)
    江川紹子氏(ジャーナリスト)
    丸橋透氏(ニフティ株式会社法務部長)
  <コーディネーター>
    上柳敏郎氏(弁護士)
参加費
  入場無料(先着500名)
   ※定員に達した場合には、入場をお断りすることがありますのでご了承ください。 
問い合わせ先
  第一東京弁護士会 人権法制課 Tel.03-3595-8583

  主催:日本弁護士連合会 東京弁護士会 第一東京弁護士会 第二東京弁護士会
一覧に戻る
menu