• HOME
  • お知らせ
  • 高齢者虐待相談に対応するための合同研修会開催のお知らせ
  • 2006.01.25
  • お知らせ

高齢者虐待相談に対応するための合同研修会開催のお知らせ

 「高齢者虐待防止法」が平成17年11月1日に成立し、本年4月1日に施行されます。
 同法により高齢者虐待に対応するための有用な法的手段のバリエーションは増えるため、市民や福祉関係者の期待は大きく、高齢者虐待問題に関して、弁護士への相談や対応の依頼は増えるものと思われます。

 しかし、これまで、高齢者虐待問題は、とかく福祉の問題として捉えられがちであり、必ずしも弁護士が積極的に取り組んできたとはいえません。

 そこで、高齢者虐待防止法の施行まで2ヶ月と迫った現在、高齢者虐待の実態から、取りうる法的手段、そして、よくありそうな質問とその対応まで、2時間で効率的に学んでしまう研修を企画致しました。多くの先生のご参加をお待ちしております。

日時: 2006年2月16日(木)18:00~20:00)
場所 : 弁護士会館2階 講堂クレオA
 ★参加無料。下記枠内事項記入の上、FAXにてお申し込み下さい。
講師 : 東京弁護士会高齢者・障害者の権利に関する特別委員会
 「高齢者虐待に関する部会」委員 他
主催 : 東京弁護士会 第一東京弁護士会 第二東京弁護士会

【当日の予定】
・高齢者虐待の実態~厚生労働省の調査結果をもとに
・高齢者虐待に対応する法的手段
  ①従前からの方法 ②高齢者虐待防止法に基づく方法
・具体的な虐待ケースを想定して
・よくありそうな質問とその対応
・参加者からの質疑応答

東京弁護士会人権課 柿原宛(FAX:03−3581−0865)

所属会:東京・一弁・二弁(登録番号:        )
氏 名:

お問い合わせ先:東京弁護士会人権課・柿原 電話:03−3581−2205

一覧に戻る
menu