学ぶ

法とは何か、どのように作られ、用いられるのかについて、知識だけではなく、その基礎にある自由・平等・公正などの原理・価値を教えるとともに、その知識を応用して使いこなすスキルと、主体的に行動する意欲と態度を身につけるための教育が法教育だと私たちは考えています。

第一東京弁護士会では、学校におけるいじめ問題を未然に防ぐための取り組みの一環として、都内の、主に小学校・中学校(対象学年:原則として小学校4年生~中学3年生。場合により高校生への授業も相談に応じます。)へ出張して「いじめ防止授業」を行っています。

東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会では、ハンセン病問題への取り組みの一環として、都内の小 · 中 · 高校への出張授業を行っています。当事者の方の生のお話や弁護士の人権活動の一端に直接触れ、差別や人権について一緒に考えてみませんか。

第一東京弁護士会では、憲法に親しみを持っていただくための取り組みとして、都内の中学校への出張授業を行っています。日弁連で作成した『憲法って、何だろう?』という絵本(ご希望の学校には、絵本をお送りします)を一つの教材として、憲法を考えていきたいと考えています。

株主総会指導センターは、株主総会の適正な運営の実現を目的として活動を行っています。センター所属の弁護士を対象に研修会を開催し、株主総会を適正に運営させるための技術を習得させるとともに、最新の上場会社・株主総会に関する情報を提供しています。

menu